ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

石垣のオシャレせんべろ。激辛チキンカレーも美味しい^^

去年の3月に出来たバスターミナル横のオシャレスポット 石垣島ヴィレッジの1Fに、話題のせんべろ屋さんがありました。 さくっと飲めるお店も何軒かある中、昼から営業しているのが こちらのせんべろ風土さん。

石垣でもせんべろ。るりねぇ手作りおつまみが美味しい。

2017年2月、ついに黒島牛祭りへ行くべく、少し前に石垣入り。 遅めに着いたので軽く飲もうかなと考え、、前に通りかかったこちらへ来てみました。 あやぱに(ユーグレナ)モールの中、市場の並びの立ち飲み屋さん。 立ち飲みと言いつつほとんど椅子がありま…

中目の老舗酒場で旅話。

前から行こうと思っていたお店、中目の藤八にようやく行って来ましたよ。 最近またお洒落なお店がたくさん出来ている中目、、 これ以上お洒落になってどうするんだろう・・ と余計な心配をしつつ、目黒川を渡り大樽の横を通過して到着。

与那国の素敵なお宿 Fiestaさんのこと。

1年前ぐらい、冬の与那国に行った時のこと。 宿はやっぱり旅人間で人気のFiestaへ。 その年の夏に行こうとして、台風で欠航し辿り着けなかったFiesta。。

北の島旅を妄想中。。

前から興味のあった礼文島へ行くべく、準備中です。 いままで南の島ばかり行っていましたが、他の地方の島にも行ってみたくて。 諸先輩にお話を伺ったり、調べたりしているといろいろ新鮮で面白い。かなり面白い。

昭和を越えた、この雰囲気の中で飲める素晴らしさ。

土曜日の17時過ぎ、口開けに伺うも満席・・。 開店前から並ぶべきなんですね。。 ささのやで一杯、また伺うと満席、晩杯屋で一杯、のあと、漸く入れました!(感動)

鴬谷、階段下の煙はこちらから。

三ノ輪の弁慶を出まして、鴬谷へ移動です。 次の目的のお店が開店すぐに満席、、 先にこちらで一杯ということになりました。 先に寄っていなければ最後に寄っていたことでしょう・・ 思わず吸い込まれてしまう外観です^^

いくらでもいける、あっさり串煮込みが想像以上にすごい。

先日、弁慶さんに伺うべく初めての三ノ輪へ。 地下鉄を降りてアーケード街を通り、路面電車を発見、、

神戸の街中から、昭和へゆける階段のある大衆酒場。

神戸という高級お洒落タウン(イメージ)にも、 老舗の大衆酒場がありました。

神戸の地下街で老舗のおでんを。

冬と言えばおでん、 出張といえばおでん、、 というわけで、神戸でもおでん屋さんへ。

アンガマ、ムシャーマ、イタシキバラ、、旧盆を満喫した夏。-2014年8月-

2014年8月、ちょうど夏休みと旧盆が同じ時期で、 念願のムシャーマを体験することができました。。

初めてコザで見たエイサー、道じゅねー。

2014年8月、最後に訪れたのは沖縄本島のコザへ。 那覇からバスで1時間ほど。。 バスターミナル以外から乗る路線バスは少々難しい・・けどなんとかなりました ほっ。

ふつうがいい、白保さんぽ。

2014年8月、イタシキバラの獅子舞が見たくて白保に泊まったのですが、 穏やかな町並もとても素敵だったのです。 日常の暮らしの中に、何か光るものがあるのかな。

コザ・ゲート通りのてんぷら屋さん。地元の方にも観光客にも大人気。。

2年前の夏、初めて全島エイサーの道じゅねーを見に行った時のこと。 コザのミュージックタウン前あたりで席をとり、 おつまみのてんぷらを買いに走ったのがこちら。

広島老舗の、あっさり出汁と味噌おでん。

どこの街でも、老舗のおでん屋さんがあれば、行ってみたくなる私です。 少々賑やかな繁華街を通り抜けて、権兵衛の暖簾を発見。(一安心・・)

広島一軒目、魚が光る立ち飲みへ。

初めての広島、4時間かけて新幹線で到着。 路面電車に乗って、宿へ荷物を置き、検討結果、こちらの立ち飲み屋さんへ。

食べてみると世界が広がるかも、、盛岡じゃじゃ麺。

盛岡でのおひる、冷麺にしようかと思いきや、 たまたま飲み友達と話していた際におすすめされたので、 白龍(パイロン)さんに来てみました。

盛岡の美味しいものを焼いてもらえます。おばちゃん。

先日、出張で初の盛岡へ。 宿は繁華街の方なので駅から橋を渡って少々歩き、、 夜の小雨降るなか店を探してまた歩き、、 目当ての店が臨時休業で真っ暗なお堀の横をまた戻り、、 惨憺たる有様でここに辿り着きました。

川と電車と熱燗と。たぬきやへ。

だいぶご無沙汰しています、、 先日、やっと稲田堤のたぬきやへ行く機会がありました^^ 大衆酒場界では結構有名な、、そしてdancyu表紙になってから お洒落料理好きな方にも有名に、、なったのかな? 混み合っているらしいと噂は聞いていたのですが。

黒島からゆく、パナリの海。

白保を後にして、再び船に乗って黒島へ渡りまして、翌日。 若干の二日酔い(黒島ではデフォルト)も残りつつですが、 シュノーケルツアーでパナリ(新城島)へ行ってきました^^; 黒島の港からボートでびゅーんと。

白保のアオサンゴを見に、アヒルさんとシュノーケル。

イタシキバラを見た翌日、折角なのでアオサンゴを見に 民宿マエザトさんのシュノーケルツアーへ参加してきました^^ 食堂、商店もやっているマエザトさん。 空港からのバスも目の前の道を通ります。

白保のイタシキバラ。伝統を守る背中とかわいすぎる獅子舞。

2014年、波照間でムシャーマを見た後、 念願のイタシキバラを見るために、白保へやってきました^^ 白保出身の新良幸人さんの歌詞にも出てくるイタシキバラという 言葉がずっと気になっていて、調べてみると旧盆明けの日(ウークイの翌日)に 獅子舞が邪気…

夢のニシハマで生ビール、を実現させてくれたお店。

波照間のニシハマへ続く坂道を下る途中。 ペンション最南端の入り口、クマノミさんのレンタルショップ前(ややこしい) に突如現れたパーラーブーブー。 2014年夏にはあったはず、、なのでもうちょっと前からかな?

波照間製糖工場の近くの飲み屋さんで、揚げ物祭り。。

波照間港の方で夜は唯一やっている飲み屋さん。 (島の真ん中のほうではあがん、ぶどぅまれー、味○さんもやっていますが、、) 2014年ムシャーマの夜に伺って、その後何度か飲みに行っています。 製糖工場の近くで、冬の製糖時期は工場の寮の食堂になるんだ…

初めてのムシャーマ。-後編-

ムシャーマといえば、この方のイメージが強かったのです。 なのでこれがあの噂の、、実物の、、ミルク様かと。ひとり大興奮でした。。

初めてのムシャーマ。-前編-

2年前(2014年)の夏、初めてムシャーマを見る機会に巡り会いました。 旧暦のまつりの日程が新暦のお盆休みと重なり、島へ。 石垣へ前泊して、当日朝に波照間へ向かいます。 桟橋では朝からこの行列!

記憶に残るサンドイッチ。カウンターの職人さんの掛け合いもいい味^^

仕事の合間に、遅めのおひるを。 大変有名らしい、こちらのサンドイッチ屋さんへ。 行列していたらやめとこうかな・・などと思いつつ伺うと、 カウンターへするりと座れてしまいました。

北海道の歴史を感じながら、たっぷりの甘いもので満腹に。

10時OPENのカフェに、遅めの朝ごはん代わりに伺いました。 週末だったので混んでいるかな〜と思いきや、 カフェのお客さんは2、3組でゆったり。

夜風のよいテラスでいただく北の大地のシャルキュトリー。。

札幌出張の夜。 道庁近くのテラスが気になって寄ってみました。

更にディープなコザ、、デコちゃんのぼろぼろジューシー。

深夜、中の町でなんた浜を出てすぐ。 〆にじゅーしー食べないとね〜と仰る地元の方に 連れて来ていただきました。