読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

八重山との出会い。

ちょうど一年前、八重山波照間島へ初めてゆきました。

もともと沖縄は好きで、本島には何度か行っていたものの、
石垣や離島となると、なんとなく遠いし、どうすればいいんだろう?
みたいな感じで、足踏みしていたのです。

でも、いろいろな出会いもあって、いちばん気になっていた
波照間へ行くことができて、、、大袈裟ではなく、人生が変わった気がします。

いちばん大切なものが、はっきりとしたというか。
そのために、どうするべきかとか。
そういう具体的なことを、考えるようになりました。



まあ、そんな堅苦しい話はさておき、

単純に、その美しさに、感動したんですね。
日本なのに、日本ではないみたいだし。
その綺麗なものたちは、人が何かしてもしなくても、そのままで。
時には船が出たりでなかったりして、島の人にとっては、死活問題にもなる。

海についても、そこまで、よく知らなかったのです。
海は、外から見て、きれいなもの。
ダイビングとかで深くに行かないと、きれいな海の中は見れない。
シュノーケルぐらいだと、砂浜ときどき魚だろうと、思っていました。
今までの経験上。

でもそれが間違いだったと、波照間のニシ浜で知りました。
浜のほんとうに近くで魚や珊瑚がいて、リーフまで行けば、
今まで見たことのない世界を見ることができた。

あの、ハテルマブルーのきれいすぎて怖い感じ
でも、もっと見ていたい、先へ行ってみたいという感じ
それらは、
 何かを得るためには、何かを失う
という意味かもしれないなと。
身をもって、わかった瞬間かもしれない。



まーとりあえず、またすぐいついつでも行きたいってことです。
ほんとに、いくらでも書ける。好きな場所のことなら。
とぅっ



にほんブログ村


ペタしてね読者登録してね