読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

与那国、おさまらない風雨と夜のスナック。

*2013年1月 八重山。

八重山紀行】2013年1月 与那国へ。 三日目その4

結局一周はあきらめ、来た道を戻って宿へひた走る。
まだまだ風雨は激しい!台風
ので、時速20kmぐらいでちんたら走行。。
# それ以上出すと、滑るし顔が痛いので・・

時折通る島の軽トラなどは、これ以上ないほど
対向車線へ避けてくれました・・
いや、別に、ゆっくり端っこにいるし、迷惑かけませんから・・・スミマセン・・

まぁ、そんな天気の日にわざわざ原付乗ってるのなんて
変な旅人だけですよねぇえへへ…

宿へ到着すると、他の皆さんはとっくに戻ってきていました。。
大変でしたねぇ・・と、ひとしきり情報共有。

もうこの日はさすがに原付は無理と判断し、
数人で集落のお散歩へ。。



てくてく行くと、なんたはし。
対岸に「なんた浜」が見えておりますが・・
明日に期待して、逆側へ探検に。


これ、奥のざぶーん!!がすごいのです。
波。これでもかという荒波。
手前はテトラポッドなので、こっちまでは来ません

で、少し歩くと、おびただしい数の亀甲墓・・
いわゆる「墓地」なのですが、沖縄でここまで大量のお墓が
集まっているところは珍しいのだそう。(たしかに見たことない)
あと亀甲墓も、与那国が一番多いらしいです。
# 亀甲墓は、まるみのある形のお墓。沖縄のお墓は大きくて家っぽい形だけど、更に巨大。。
# 前に広場のようなスペースがあるのは共通ですね〜


なんだかすごいスケールの荒波を背景に、巨大墓群・・って
すごい光景だったのですが、さすがに写真は自粛。。

 

で、突然ですが夜になり、宿でごはんのときに
与那国にある三つの酒造の泡盛(与那国、どなん、舞富名)を
飲み比べてみましたニコ
いちばん気に入ったのが舞富名だったので、同宿の方と向かった
夕飯後のスナックでもこちらに決定日本酒
あんまりきつくなくて、味わいのある感じ。



スナック・・・て、なかなか行かないな!
と思いつつ、地元の方とカラオケ合戦で盛り上がりました〜ニコ
お通し(?)の、大量のお刺身もおいしかったおさかな

翌日のお天気がちょっとよくなることを祈って
おやすみなさい〜月夜