ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

城ヶ島さんぽ。

さて、最近謎の偏頭痛が続いていますが、
空を見上げると、少しだけ島の空気を思い出せます夜空

***

というわけで、思い立って城ヶ島へ行ってみましたよ。の、続きです。



西側の城ヶ島灯台を後にして、向かった先は・・・



海岸。というか、岩礁地帯です。
南側は波が激しいらしく、砂浜は無し。
ずっとこのような感じなので、スニーカーかマリンシューズをおすすめします。。
# 久々にスニーカーはいてその楽さに感動。。

でも、磯遊びの家族連れとかバーベキュー?の若者たち、
釣りに集中するおじさま方とか、思い思いの遊びに興じておりました。
アクティビティはいろいろあるようですニコ



遠くに見えるのが、馬の背洞門という、、、なんといったものか。
遺跡・・じゃないし、、よい景観スポット?です。

山側の緑もきれいで、分かりづらいけど水もかなりきれいです
キラキラ
# 砂は黒いけど・・岩が削れているという感じ?




さていよいよ、馬の背洞門に近づいて来たぞ!



そしてこちらが・・・・馬の背洞門っ!

です・・・ね。・・・はい。


とまぁこんな感じになりますが、左のほうの階段をのぼると。。



おお!なんかちょっといい感じニコ
たしかに馬の背っぽい?

そして、この上を通ろうという勇気ある人たちがいたんでしょうね・・
という看板が。



来た方を振り返ると、うっすら富士山が!富士山
これは、天気のいい日には夕日と富士山が素敵に見えるそう。。



さて、草むらかき分けて、さらに一周ルートを進みますと、
急に開けて崖が出現!うああん
ウミウとか海鳥の巣があるらしい。。(見えなかったけど・・)

しかしこの起伏の激しさとか、ゴツゴツしている感じとか、
与那国を彷彿とさせます・・。(私だけ?)



そして、例の崖展望台のあたりからすぐ、急に近代的な道路へ出て、
広い駐車場のある城ヶ島公園へ辿り着くのであります。

東側の先には、安房灯台という、城ヶ島のもう一つの灯台が。
# 西と東に灯台とか、こんなとこも与那国っぽい・・


向こう側には千葉の房総半島が見えていたり。。
今度はもっと晴れている時に行って、伊豆諸島も見たいなぁ・・青空



紫陽花もたくさんあって、きれいでしたajisai*

帰りはバスに飛び乗って三崎口まで。。

そこまで遠くないし、人も少ないし、
一周おさんぽするにはちょうどよい大きさ。

三崎港で魚も食べられるし。
なかなかよい小旅行先、見つけました猫


今度は天気がよいときに!