読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

島旅の本*原色日本島図鑑。

日々のこと。

今週末は、雨も挟みつつ、なかなか落ち着いた気候でございましたね〜猫

病み上がりの私は、昼寝とスーパー銭湯とマッサージで
なんとか体調を調えることに力を尽くしていたのですが・・

マッサージのお兄さんには、相当な力でグイグイ押され、
めちゃ痛かったけどちょっとよくなった気がします。。

「だいぶ固くなってるので、がんばりすぎないでくださいねっ」
なんて言われた日にはもう・・・
  (´;ω;`)ブワッ
という絵文字のひとの気持ちが初めてよく分かりました・・・
# 皆に言ってるのかもだけど・・現代人疲れてるからな・・

***

さて、家にいても島旅の気持ちにひたるためにえへへ…
島旅関係のご本を集めているのですが、
今日はその中から、この「原色日本島図鑑」について
ご紹介します。。


原色日本島図鑑―日本の島443 有人島全収録/加藤 庸二
¥2,625
Amazon.co.jp

この本のすごいところは、タイトル通り日本の443ある有人島
について、全部写真付きで載せているところ。
あと、観光名所とかよりは、島の産業とか伝統行事とか、
島の人に近い目線で書いているのが、素敵だなぁと思います。
2013年5月に改訂したばかりなので、最新情報キラキラ

***

面白いのが、著者の方の好みの島については、
規模感に関わらず、ページ数が多い気がしますニコ

おそらくですが、地形が独特だったり、そこにしかない
動植物や文化が発達しているところがポイントなのではないかな・・。
# 礼文島、南大東、与那国とか、、

いろんな島旅ライターの方の本を読むと、その人それぞれの、
萌えポイントみたいなものを感じるので、ほんとに
島旅っておもしろいなぁと思います。

***

そういえば、最近、毎週土曜日のお昼頃にテレビで「島旅」
という番組をやっていて、またマイナーな島に行っているので、
この図鑑で基本情報を見たりしています。。

番組自体は数年前の再放送らしいですが、島の人に密着取材
な感じで島好きにはたまらない感じです・・。
昨日は鳩間だったし、感慨もひとしお。。

***

というわけで、島関係の本や映像がどんどん増えてゆくのですね・・ぼー

必要経費?ということで、しかたなし。