読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

鳩間音楽祭を振り返る。。

とっても今更ですが、つんだみフェスに触発されて、
音楽祭が恋しくなってしまったのです。。
# 行ってしまえばよかった・・!





鳩間音楽祭は、毎年5月3日に鳩間で開かれるお祭りハイビスカス
島出身のミュージシャンやら、音楽好きの人が集まって
賑やかに開催されますニコ





前日までは静かだったこの広場が・・
# 前日に入ると、前夜祭も見られてたのしいのです^ー^





こんなに人であふれます!





屋台では、オリジナルボトルの泡盛や手ぬぐいやTシャツ、





お食事に、あったかい鴨そば(もちろん麺は八重山そば)、
山羊汁、ビールなどの販売も。





チビッコに大人気のピカリャーや、
# この後大人げなく一緒に写真を撮りましたが・・





ゲスト(昨年は池田卓さん!)も登場キラキラ
家が近い(西表の船浮から・・)とはいえ、ラフですw

他にも、毎年出ているらしいサンバチーム(?!)や、
島人のバンド、島出身のミュージシャンの皆さん、
飛び入りのプロの方など、いろんなジャンルの方が出て
めっちゃ盛り上がりますきゃー

このとき初めて聞いた川平ガーデンズは
どんどん人気が出て、昨年の沖縄関連のイベントで
何度もお目にかかりましたおんぷ





ステージも終盤はカチャーシーニコ
たのしく踊る皆さんを、泡盛飲みながら見守る私。。
# カップがオシャレだけど、中身は泡盛・・・最終的には踊って酔いがまわりました。



*****


メインステージは一応ここでおしまい。
だけど、ここからがもう一つのおたのしみニコ




名残惜しい気持ちで会場を後にしながら、
日帰りも泊まり客も島の人も、
参加者全員で向かうのは、鳩間の港。





ここでまたまた生演奏が始まり、





「鳩間の港」を踊って、帰る船を見送るのです。
すべてのお客さんが全員乗り切るまで、
何艘も来る船を見送り、踊り、手を振ります。



きっとまた来る 来年も
さよなら さよなら 手を振れば
船はゆくゆく 鳩間の港



来年も というところに
音楽祭にまた来年も来るよという気持ちを
勝手にのっけてしまいますううう

見送る方も、見送られる方も、
同じ想いを共有しているような気がして。


せつないけれど、また来ます。

普段は人も少なく、のんびりとしたいい島なのです。
海も森もきれいで山羊もたくさん。
いつも変わらぬ鳩間に、ありがとう。。




にほんブログ村