ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

【2014年3月島旅009】伊平屋にて、お別れのフェリーに涙。

一週間、やっと終わりまして。

最後に大いなる地雷を踏んでしまい自爆して瀕死の私ですが、

同じ日に古い友人が元気な赤ちゃんを出産してくれて、

人生悪いことばかりでもないなと、勝手に思ったところです。


*****


さてさて、伊平屋旅の続きですニコ





昼前にフェリーで到着。(臨時ダイヤで一日一便のみ・・)


伊平屋はこのように細長い島です。
沖縄の北端になるので、鹿児島の最南端の与論島よりも、
一番上の岬は北になります。

ちなみに大きさ的には、だいたい与那国ぐらい。
アップダウンが激しいところもちょっと似てるかも・・?

沖縄ってこう考えると大変広いですね・・。
西は与那国、南は波照間、東はたぶん北大東島
東京ドーム何個分とかは分かりませんが、ぱっと見
北海道より広いエリアです。(ほとんど海だけどちゅら海


***


さて、ターミナルからさくっと宿を予約して、
荷物を置いてからまたターミナルへ戻り、お昼ごはん・・。
# 他にランチやってるところが分からなかったため・・

と思ったら。





乗ってきたフェリーが運天港に帰るところで、
リボンがたなびいていました。





後で聞いたら、前日あたりが卒業式だったそうで、
進学する学生さんや転任する先生を見送りに来ていたみたい。。

涙の別れ・・・ううう

でもチビッコは元気いっぱいニコ






島の学校は中学まで。
高校からは、本島や内地へ行くこともあるそうです。

寂しいけど、また帰ってくるからねと。
手を振っていたのかな・・


***





さて、港の食堂ではそばを食べまして。
もちろんお箸は沖縄限定?うめーし!
# 麺が手打ちっぽくておいしかった!ビールがないのはこの後のためです・・。






港のはす向かいには、立派な資料館!





そして隣に、レンタカー屋さん。
こちらで原付を借りて出発です!

余談ですが、原付を借りる際に、いろいろあって
ゆでタコとマフィンをもらいました・・。
おいしかったニコ


*****


さて、次回から伊平屋を駆け巡りますよ〜




にほんブログ村