ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

食べてみると世界が広がるかも、、盛岡じゃじゃ麺。

盛岡でのおひる、冷麺にしようかと思いきや、

たまたま飲み友達と話していた際におすすめされたので、

白龍(パイロン)さんに来てみました。

 

f:id:kinacono:20161107141506j:plain

早めのお昼だったので、待ちなしでカウンターへ。

でも店内はほぼ満席、テイクアウトのお客さんも待ち中。

 

着席すると注文は大中小のいずれかという雰囲気なので小を注文、、

お店の方に「ねぎときゅうり、入れて大丈夫ですか」と聞かれます。

もちろんダイジョウブですとお返事。

ねぎときゅうりを抜いたら麺と味噌だけになってしまうのでは・・でもそういう通の人もいるのかしら・・などと思いつつ待機。。

 

f:id:kinacono:20161107141510j:plain

次々に配される丼、、大四つ、中三つ、、そして、私の前にも小が。

これが小、、おおきいです・・並盛といったイメージ。

お店の方、初心者にはテキパキと食べ方も教えてくださいます。

「よく混ぜて、お好みでニンニク・お酢・ラー油なんかをかけてくださいね〜」

なるほどと恐る恐るかき混ぜて、いただきます。

肉味噌は見た目少ないかなと思いきや、最終的に丁度いい量でした。さすが・・

カウンターには追加用の肉味噌もありますが、それ以外の

何か辛いものとかお酢で味を調整するのが美味しい。

 

f:id:kinacono:20161107141513j:plain

最後は卵を入れて溶いてちぃたんたん。

熱々の茹で汁を入れてくれて、美味しいスープに。

これ美味しいな、、かなりヒットです。

もっと味がないものかなと思いきや、いい出汁でてます。

 

次々に地元のお客さんも来ていますので、早々に。

ごちそうさまでした。

 

f:id:kinacono:20161107141517j:plain

鳥居のある路地にある味のある老舗の食堂、、

実は汁の無い麺類(焼いていないもの)はそんなに得意ではなかったけど、

食べてみてよかった、、なんだか新しい世界でした。

素朴なんだけど、薬味と自家製のたれとかでどんどん味が膨らむ感じ。

そしてたまに入っている緑色の麺が嬉しい。(そうめんのピンクのを思い出しますね^^)

 

f:id:kinacono:20161107141526j:plain

すぐ近くの盛岡城跡も緑がきれい。

のんびり、よい街でした。

 

おしまい。

 

 

白龍 本店そば・うどん・麺類(その他) / 上盛岡駅盛岡駅仙北町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5