ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

与那国空港から黒島研究所へ。

八重山紀行】2013年1月 与那国から黒島へ。 四日目その5

やっと晴れてきたところで、もう出発の時間のため宿へ戻り、空港へ。



空港方面はまた雲が出てきました・・。
しかし、初めての与那国、やはり1泊は無謀だったけど、
逆に次の楽しみがたくさんできましたキラキラ。

今回見逃したものたち・・。
・花酒工場見学
海底遺跡へ潜る
・ヨナグニウマと遊ぶ
・最西端の夕日
・ナンタ浜での星空

いやーー、次回が楽しみだ!!きゃー

 


空の上は晴れていて、石垣へ近付いたところで
竹富がかなりキレイに見えました!キラキラ
これはやばい。。うああん



街を散策して、離島ターミナルから黒島へ向かう
船へ乗ろうとしたところで、お正月の飾りを発見。
マトリョーシカ的に置かれた泡波各サイズ日本酒



そしていつもの安永観光さんの高速船にて初の黒島へ到着!

宿へ着いて、自転車を借りて適当に島を散策
黒島は平らで起伏が激しくないので、自転車で十分よ〜と、
これも旅人さんに聞いた話を参考に。。



まず来てみたのが黒島研究所ミドリガメ
ウミガメの産卵とかの研究がメインぽかったですが、

 


すごい種類のサンゴや貝の標本とか、生きてるハブ(蛇年だから飾りつけが・・)や、

 

小さいサメ、クマノミ、子ガメ、ナマコ、ヤシガニなんかもいて、
ちょっとした水族館(動物園?)のような感じでした魚
300円の価値あり!shell*



最後に少しだけ、夕日(に近い状況と言えるような雰囲気の空)が
見れたけど、このあと若干小雨がぱらついたため、おとなしく宿へ帰還。。

しかし。宿にて、石垣で会った旅人さんとも再会し、他のお客さんも
長年の黒島好きの方ばかり!(もはやお客さんに見えない・・)
さらに、島の方(宿の方の親戚やお友達)も合流して、、

もう言わずともわかりますねぼー
夜更けまで盛り上がった次第です。。日本酒日本酒日本酒

いやー、黒島は酒飲みにやさしい(?)島ですね〜猫