読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ八重山のこと。

八重山、宮古、沖縄、奄美の島旅と、日々の晩酌のことなど。。

波照間*たくさんの海と、冬のお花たち。

東京では雪が降る降るといわれていた今日。結局・・・降らず・・・ぼー
寒いは寒かったのだけど。雪になるには水分が足りなかったのかな?
今年も雪が降りますように。。
で、雪見酒といきたいものなのです日本酒

*****

さて、先日の旅の続きです

1月というのによく晴れたこの日。

海の水量がまたすごい増えてる。。
波照間でいつもびっくりすることの一つがこれ。
水面が上がって、海がたくさんあるように見えるわけですぼー
# 実際にどうなっているのかは不明・・

海も広いし、空も広いし、ふつうの世界よりも全部がふんわりふくらんで見えるような感覚。


なんでだろう?
そのせいで、余計にのびのびと過ごせるのかもしれないなー

***

またお花も、冬でも咲いているもので。。
こちらは年中見るアカバナーハイビスカス

もちろん夏の方がわんさか咲いているけど、ちょこちょこいるお花を見つけるのも、また楽しいニコ

こちらはなんだかほわほわしたお花。初めてみたかも?不思議〜ぼー
# 調べてみたら、大紅合歓とかレッドパウダーパフというらしい冬の花。パフっぽいかも!

こちらも正式名称は知らないけど、なんとなく見たことある気がする子。
# 調べたら、サキシマフヨウらしい。これも冬に咲く花とのこと。冬しか見られない花も結構あるんだな〜


こちらはおなじみのピパーチ(ピャーシ、ヒハツ)の実。
八重山そばに入れる島胡椒ですねニコ
石垣に自生していて、若葉もいい香りでおいしい双葉

***




というわけで、冬の波照間もまたよかったなぁぼー
というお話でした。。
夏よりも人は少なく、晴れればすごい透明度の海も見られて、空気が澄んでいて星も綺麗・・

冬も捨てたもんじゃない!と思わされました。また行っちゃうかもな〜ニコちゃん

***

さてさて。こちらの冬はまだ始まったばかり・・

にほんブログ村